Bridge Audio Laboratory

aaa
To international site

  ディジタルオーディオ技術の進歩は著しく、我々は安価なシステムでも高品位な音質を得る事が出来るようになりました。そしてSACDやDVDオーディオ等の出現により格段に情報量の多いスーパー・オーディオソースも安易に入手できます。この次世代オーディオの出現に刺激されて、オーディオ機器はここ数年著しい進歩を遂げています。 しかしながら、機器開発の側面から市場を見た場合、世相を反映して「開発効率」や「利潤確保」などに重点の置かれた製品が、今では市場の大多数を占めるようになっているように思われます。確かに、ハードウエアを供給するメーカーにとって「利潤確保」は重要な要素であり、メーカーの存続にも大きく影響します。結果的に、各メーカーがそれぞれの得意価格帯に特化し、最大公約数的な商品を供給することで、現在のオーディオ市場が成り立っていと言っても過言ではないと思います。 例えば機能面でも、明らかに音質的な劣化が明白であるにも関わらず、使用頻度の非常に少ない機能まで無理に商品に盛り込んで、カタログコピー上でマイナス要因を作らないようにした"音質不在"の商品も見受けられます。 オーディオは本来"趣味"のものであり、商品としての展開はもっともっと多い筈です。現に海外には、独創的で個性豊かな商品がたくさん存在します。ところが日本メーカーの商品はどうでしょうか?非常に画一的になっているだけでなく、「いかにして"リスナーにより高い次元の感動"を与える商品を作るか」という、オーディオメーカーとして一番大切な理念を忘れてしまっているようにさえ感じられます。  私共は新たにこの分野に進出するにあたり、この"リスナーにより高い次元の感動"を与える物作りに徹するため、社名を『ブリッジ・オーディオ・ラボ』と名付けました。これは、ハードウエアの見かけ上の数値競争に巻き込まれることなく、また単純利益追求型の商品を開発するのでもなく、常にリスナー側の立場に立って、「ハードウエアは、"音楽"と、それを"聴く人"との間の"橋渡し"をするものである」という信念を込めてこの社名を採用しました。
有限会社ブリッジ・オーディオ・ラボ
代表取締役 大橋 文男

Copyright (C)   Bridge Audio Laboratory All rights reserved