Bridge Audio Laboratory

aaa
To international site

CUSTOM POWER CAPACITOR
FOR CAR AUDIO
BE-101/BE-202

BE-101 定価 \52,500.(税込)
BE-202
定価  \18,900.(税込)

用途
 BE−101はカーオーディオ環境で瞬間的な電源電圧降下をバックアップすることと電源ラインに多重しているノイズを軽減することを目的に開発されました。ご存知のように一般的なカーオーディオ環境ではその電力の源であるバッテリーからオーディオ機器までの給電距離が非常に長くなっています。この条件下ではオーディオ機器への給電インピーダンスが上昇すると同時に配線の引き回しによる高周波ノイズの多重が問題となります。ですからオーディオ機器の直近に「一時的な電力の溜め」と「高周波パス」の目的で良質な電解コンデンサーを挿入する事は音質面で非常に有効な手段と言えます。しかしながら電解コンデンサーの音色は多種多様です。容量ばかり大きく測定上の数値だけを満足させた物では音質面で不満が残ります。BE−101は音質面を最大限に考慮し、直流領域に近いドラム音とかベース音などをシッカリ出すために電源電圧を実用上、瞬間的にバックアップする事を目的に開発されたものです。また、BE−101の中高音帯域の内部インピーダンスは非常に低く設計していますから再生音に悪影響を与える電源ラインに多重する高周波ノイズなども吸収してくれます。ですからBE−101をカーオーディオシステムの中に組み込む事により、力強くクリーンな音質を得る事が出来る訳です。
技術的な特長
 BE−101は高音質と高信頼性に重点を置いて開発されました。その最大の特徴は高耐圧電極箔の採用に有ります。一般的なカーオーディオ用電解コンデンサーの耐圧は20V程の物が殆どです。しかし、BE−101では音質面を最優先し、6倍程の120V耐圧を採用しました。それは電解コンデンサーの電極にアルミエッチング箔を使用しますがその耐圧により電極箔の仕様が全く異なり、音質面に多大な影響を与えるからです。低耐圧箔は表面をスポンジ状に加工し、表面積の増大による大容量化を施していますが残りの基材部分が少なく、容量は有るものの内部インピーダンスが高い為、電荷の受け渡しが問題になります。これを防止する為、低耐圧箔の音質品では直流ピットタイプと言われる箔に対して直交する細い長い穴を空けた箔を使用する方法が主流となっています。しかし、この場合その再生音は硬直的なものとなり、音楽を楽しめる方向では無くなってしまいます。一方、BE−101で使用されている高耐圧箔は力感に繋がるインピーダンス低減を基材部分の厚みを充分確保することで対応し、交流エッチングによる適度のスポンジ形状の採用で力感と柔らかい音質を両立させました。また、この箔は基材部分が厚いため、箔の機械的な共振が問題となりがちですが箔間に挟むセパレーターに密度、厚みの違う二種類のセパレーターを使用することでQダンプを施し、共振音を排除しています。
 BE−101はその使用環境から最高水準の信頼性を確保出来るパッケージを採用しました。インサート成形による端子板、ネジ式電極、特殊封入カシメ、特殊防爆弁など本来、産業用に開発された高信頼形態です。この形態はサイリスター制御の電車とか電話局のバックアップ用に採用されている形状です。尚、このBE−101は当社と日本を代表する電解コンデンサーメーカーである日ケミコン株式会社、エルナー株式会社の相互技術協力により開発されました。

 
商品写真


BE-101 BE-20
仕様
製品名 BE-101 BE-202
用途 パワーアンプ用 ヘッドユニット用
使用温度範囲 -35℃〜85℃ -35℃〜85℃
定格電圧 120V DC 120V DC
容量 38000μF 2200μF
寸法 77φ×157L 35φ×80L
重量 1.2Kg 300g
お問い合せ
佐藤商事
〒984-0035
仙台市若林区2-26-11
TEL 022-286-6351

      
資料
BE-101
BE-202
取扱説明書.pdf

安全上のご注意.pdf

取付用テンプレート.pdf
取扱説明書.pdf
次ページ

Copyright (C)   Bridge Audio Laboratory All rights reserved