Bridge Audio Laboratory

aaa
To international site

 近年、ケーブルの音質傾向は非常に多様化して来ています。それはケーブルに個性を持たせ、トータルシステムでの欠点を補う形態の需要が増えて来たからです。しかし、この様な手法ではソフトとの相性が露呈し、聴くに耐えないソフトが数多く出てきてしまう場合も有ります。
 オーディオ再生の基本はソースに入っている情報をデホルメするのではなく、極力ロスが無く、在るがままに再生する事と当社は考えます。BE-300シリーズはこの基本理念を踏まえ、非常にオーソドックスな手法で纏め上げました。素線の選択では一番素直な音色が得られた世界のスタジオで最も多用されている素線を選択しました。これは聴感上の帯域内レゾナンスが少なく、音の繋がりが良いからです。しかし、単にこのケーブルを使用しても細かい音やダイナミックレンジは出ませんのでこれに機械的な処理、熱的な処理を施し、聴感上のダイナミックレンジの拡大を図ると同時に使用長さを厳密に管理し、分布容量成分による聴感上の音の乗りをコントロールしています。ですから、BE-300シリーズをお使いになりますと基音のシッカリした音色で超低域へ伸びた低音、フレアーの少ない高域再生を実現できます。特に、再生の難しい木管楽器の質感に差が出ます。

仕様
製品名 BE−301a BE−301aR BE−303a BE−305a
定価(税込み) ¥54,000 ¥54,000 ¥54,000 ¥54,000
コネクター ノイトリックXLRオス・メス ノイトリックXLRオス・メス ノイトリックRCAオス・オス ノイトリックRCAオス・オス
付記 * 極性反転 * 75Ω同軸タイプ
使用温度範囲 -10℃〜60℃
全長 1.7 m 3.7 m
有効長 1.6 m 3.6 m
最大使用電圧 600Vrms c600Vrms
最大使用電流 3.5 A  
容量 導体間 170pF *  
容量 対シールド間 310pF 480pF  
導体抵抗 60 mΩ 60 mΩ  
接点接触抵抗 4mΩ以下*1 * *
次ページ

Copyright (C)   Bridge Audio Laboratory All rights reserved